background

これからは 『 光熱費ゼロ! 』の時代

ZEHビルダーの大創建設がご提案する

ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスとは…

ご存じですか?!ZEH(ゼッチ)ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス

徹底的に省エネされた消費エネルギー量

断熱(SW住宅の断熱性能等)+
省エネ(HEMSや省エネエアコン・熱交換換気・照明等)
によって一次消費エネルギー量を抑える

使うエネルギー ≦ 創るエネルギー

自宅で「使う」エネルギーよりも自宅で「創る」エネルギーの方が大きい
ZEHはエコにも経済的にも貢献します。
 

太陽発電などでの創エネルギー量

家庭で使うよりも多くのエネルギーを創るために
高効率の太陽発電等でしっかり創エネして蓄エネする
 

大創建設が目指すZEH住宅


 日本では先の東日本大震災以来、発電のためのエネルギー構成が大幅に化石燃料へシフトしてしまい、その結果 二酸化炭素排出量が増大しています。
そこで再生可能エネルギーへの転換とさらなる省エネに向けて、
「エネルギー基本計画」(2014年4月閣議決定)において、「住宅については、2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均で住宅の年間の一次エネルギー消費量が正味(ネット)でゼロとなる住宅(以下、「ZEH」という)の実現を目指す」とする政策目標を設定しています。
経済産業省資源エネルギー庁は、この目標の達成にむけたZEHロードマップの検討をおこない、そのとりまとめを2015年12月に公表しました。

そして、上記政策目標とその達成にむけたZEHロードマップに基づき、ZEHの自立的普及を目指して高断熱外皮、高性能設備と制御機構等を組み合わせ、ZEHを新築する、ZEHの新築建売住宅を購入する、または既築住宅をZEHへ改修する者に補助金を交付しています。

大創建設ではこれまでの高性能・高気密・高断熱住宅建設や省エネ設備機器、HEMS、太陽光発電システム導入での経験を活かし、平成28年度 ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業に参加を表明し率先して省エネ住宅および太陽発電によるゼロ・エネルギー住宅建設を推進して参ります。
 

大創建設のZEH受託率 目標値

10%
平成28年度 ZEH住宅 受注実績      0 棟


20%
平成29年度 ZEH住宅 受注実績      0 棟


30%
平成30年度 ZEH住宅 受注実績      0 棟


50%
令和元年度 ZEH住宅 受注実績      ― 棟


70%
令和2年度 ZEH住宅 受注実績      ― 棟



大創建設のZEH普及策

ZEHの周知・普及に 向けた具体策

 完成見学会や現場見学会など定期的に行われているイベントで、お客様に大創建設がオススメするのZEHの省エネ性、快適性、健康への貢献、CO2削減による環境保全などのメリットを分かりやすく説明してまいります。

2020年(平成32年)に新築する住宅の過半数が、ZEH仕様になることをお客様にお伝えし、大創建設ののZEHの取り組みをホームページ、チラシ等に掲載し、周知、普及に努めてまいります。実際にZEHにお住まいの方の声をお聞きし、以前の住まいと比較してどのように生活スタイルが変化したか、ZEHの優位性を提示します。
 

ZEHのコストダウンに 向けた具体策

ZEHのプランを標準仕様に組み込んでいきます。また標準仕様を作成するにあたり、取引先と協力し、SW工法により高気密・高断熱を実現し、高性能ウレタン断熱パネル、高性能断熱サッシ、断熱玄関ドア、高効率空調換気システム、高効率太陽光発電設備など について資材設備の共用などをすすめ発注件数を増やしコストの削減に努めます。

また自然光のコントロール(遮光・採光)や、自然の風を積極的に活用する通風計画を設計段階から組み入れ、熱交換換気などにも配慮して、必要な創エネ設備を最小限にするよう設計に取り組みます。

その他の取り組みなど

各種セミナーに参加し情報収集を行い、ZEHについてさらなる知識、技術の向上に努めます。 また気密性能や断熱性能、創エネルギーシステムだけでなく、暖房期の積極的な日射熱取得や冷房期の遮光による日射熱の軽減、通風設計など、自然エネルギーを活かす省エネルギー化を念頭に置いた間取りの提案を行います。パッシブファーストによりエネルギーロスを抑え、省エネを実現しながらも快適にすごせる。きもちいい住まいの提案を追求してまいります。
 
 
 
 


ZEHについて相談してみる!

お問い合せフォーム

大創建設 株式会社

〒181-0012
東京都三鷹市
上連雀7丁目32番32号

TEL:0422-41-5991 FAX:0422-43-5356