background

固定金利だけじゃない! LIXILホームファイナンスの【フラット35】

LIXIの【フラット35】なら
完成サポート保証付き『住宅つなぎ融資』+団信付きの住宅ローン

最低年収制限無し!

原則、職種制限無し!

転職後、起業後、間もない場合も申し込み可!

売電収入加算、夫婦収入合算、親子リレーで借入額・期間もワイド!

フラット35について

35年間の固定金利で、将来にわたるライフプランをしっかりサポート。 住宅取得という夢の実現をお手伝いいたします。


5つの特長



金利上昇の不安のない固定金利


住宅ローン返済の一番の不安は、金利の上昇。【フラット35】は、返済終了まで返済金額が変わらない固定金利のため、返済計画も立てやすく、ライフスタイルの変化にも、事前に備えておくことができます。





保証料不要・繰上返済手数料不要


一般的な住宅ローンのお借入れの際に必要となる保証料がかかりません。また、繰上返済を行う場合の手数料も不要です。余裕のある時に、何度でも、手数料の負担なく繰上返済を行うことができます。





保障内容が充実の新機構団信制度


平成29年10月以降に、フラット35をお申込みいただいた場合は、団信(団体信用生命保険)が付いています。なお、健康上の理由等で団信にご加入されない場合等は、団信に加入しないでご利用いただくことができます。団信にご加入されない場合、借入金利が異なり、またお客様に万一の場合等があったときに、ローンの残額は返済されません。

※身体障害保障は、身体障害者福祉法に定める障害等級(1・2級)の「身体障害者手帳」を交付されることが支払要件となります。





色々なお客様のニーズに対応した借入申込可能


契約社員や派遣社員、パート勤務者の方や、転職・就職後間もない方も、安定した収入が見込めればお申込みが可能です。病歴などにより団体信用生命保険に加入できない場合にもお申込みいただくことができます。また、セカンドハウス購入や、二世帯住宅購入の方もお申込みいただくことができます。

※審査の結果によってはご希望にそいかねる場合もございますのであらかじめご了承ください。





親子リレー返済や収入合算で、返済プランを支援


一定の要件にあてはまる方を後継者としていただくことで、満70歳以上の方も、親子リレー返済をお申込みいただくことが可能です。親子リレー返済の場合は、後継者とされた方のお申込み時の年齢を基準に、借入期間をお選びいただけます。
また、お申込み者ご本人様の収入だけでは総返済負担率の基準を満たさない場合、同居の直系親族であることなど、一定の条件を満たすことで、お一人の収入を合算することができます。







高機能住宅対象 フラット35S



【フラット35】Sは、【フラット35】をお申込みのお客様が、省エネルギー性、耐震性などに優れた住宅を取得される場合に、
【フラット35】の借入金利を一定期間引き下げる制度です。



※出典)住宅金融支援機構【フラット35】Sのご案内 平成26年4月版



【フラット35】S の優遇金利を受けられる住宅

【フラット35】Sの優遇金利を受けるには、【フラット35】の基準を満たしたうえで、
下記のいずれかの条件を満たす必要があります。

省エネルギー性(注1) 耐久性・可変性 耐震性 バリアフリー性
【フラット35】S
 (金利Aプラン)
認定炭素住宅、または一次エネルギー消費量等級5の住宅、または性能向上計画認定住宅 (注2) 長期優良住宅 耐震等級3の住宅 高齢者等配慮対策
等級4以上の住宅
【フラット35】S
 (金利Bプラン)
断熱等性能等級4、または一次エネルギー消費量等級4の住宅 劣化対策等級3の住宅で、かつ維持管理対策等級2以上の住宅 耐震等級2以上の住宅、または免震建築物 高齢者等配慮対策
等級3以上の住宅

(注1)平成29年3月31日をもって、【フラット35】S(金利Aプラン)の省エネルギー性の基準のひとつでした「住宅事業建築主基準(トップランナー基準)」は廃止され、「住宅事業建築主基準に係る適合証」の交付は行われなくなりました。なお、平成29年3月31日までに当該適合証が交付された住宅は、平成29年4月1日以降も【フラット35】S(金利Aプラン)を利用できます。

(注2)建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律(通称 建築物省エネ法)の規定により建築物エネルギー消費性能向上計画が認定された住宅です。(竣工年月日が平成28年4月1日以後の住宅に限ります。)共同住宅については、融資対象となる住戸が認定を受けている場所に限ります。また、増改築等による認定を含みます。



【フラット35】S の2つの金利引き下げプラン

現在、2つの金利引き下げプランが適用されております。

金利引き下げ期間 金利引き下げ幅
【フラット35】S (金利Aプラン) 当初 10 年間 【フラット35】の借入金利から 年0.25
【フラット35】S (金利Bプラン) 当初 5 年間 【フラット35】の借入金利から 年0.25

※【フラット35】Sには住宅金融支援機構の予算金額があり、予算金額に達する見込みとなった場合は、受付を終了させていただきます。



実際に【フラット35】Sってどれくらいお得?

借入金額3,000万円、返済期間35年、A方式(定率タイプ)で算出した場合
※試算内容は目安金額としてご利用ください。

住宅ローンタイプ 【フラット35】 【フラット35】S
(金利Aプラン)
【フラット35】S
(金利Bプラン)
適用金利 全期間 年1.360% 当初10年 1.110% 当初5年 年1.110%
毎月返済額 11年目以降 年1.360% 6年目以降 年1.360%
総支払額 全期間 89,812円 当初10年 86,233円 当初5年 86,233円
総支払額 当初10年 88,834円 当初5年 88,834円
総支払額 37,720,993円 36,997,943円 37,331,672円
総支払額 同じ ▲723,050円 ▲389,321円



つなぎ融資ついて

土地のご購入や建物の完成前に必要になる「土地取得費用支払い」「建物取得費用の着工金支払い」「建物取得費用の中間金支払い」
に対応するつなぎ融資もご用意いたしました。


4つの特長

  • 特長1 融資利率 年1.475% (実質年率15.0%以下)※2016年12月1日現在
  • 特長2 土地購入資金最大100%、住宅建築資金最大75%(着工金35%以内・中間金40%以内)ご融資可能
    ※フラット35のご融資金額の80%まで※各つなぎ融資は300万円以上
  • 特長3 住宅つなぎ融資のご利用で、完成サポートサービスを追加費用なし(無料)で利用可能
  • 特長4 無担保・保証料無料


物件引渡し前に受けられる「土地つなぎ・住宅つなぎ」とは?

LIXILホームファイナンスでは、土地の購入や建物の完成前に必要になる「土地取得費用支払い」「建物取得費用の着工金支払い」「建物取得費用の中間金支払い」に対応するつなぎ融資もご用意いたしました。
つなぎ融資は、元利金の返済据置きで【フラット35】実行の際に、一括でご返済いただく短期のローンです。
※弊社取り扱いの【フラット35】でお借入れされる方のみ、ご利用いただけます。
※土地700万円、建物2,800万円、住宅ローン3,500万円(全額借入)、つなぎ融資2,800万円の場合
例:土地つなぎ融資借入期間120日、建物つなぎ融資(着工金)借入期間90日、住宅つなぎ融資(中間金)借入期間60日 (工期4か月)
土地・住宅つなぎ融資事務手数料 [融資金額×0.4%+50,000円/融資1回あたり](消費税別)
2016年12月適用金利年1.475%で計算しています。

※つなぎ融資金利分は、【フラット35】融資実行時に借入金に含めて一括返済いただきます。


住宅つなぎ融資には『完成サポートサービス』が付いて安心!!
※完成サポートサービスは本審査後に弊社が発送する「フラット35借入手続きのご案内」(【フラット35】機構仮承認回答)からお申込みいただけます。
※本完成サポートサービス以外の完成保証などの適用がある場合は、他の完成保証などが優先されます。

「完成サポートサービス」とは、建設事業者様が万が一の理由により工事の継続ができなくなった場合、工事の完成部分より多く支払った前払金の損害や、代替建設事業者様が工事を引き継ぐことによる当初の予算を超える追加費用(増嵩工事費用)を、一定の範囲内で保証することで、お客様の住宅の完成をサポートするためのサービスです。
「完成サポートサービス」は住宅つなぎ融資の付帯サービスのため、
追加費用なし (無料)でご利用いただけます。
【フラット35】と住宅つなぎ融資をご利用いただければ、
どなたでも『完成サポートサービス』をご利用いただけます。





団体信用生命保険について

【フラット35】は団信付の住宅ローンになりました。

  • 【フラット35】を平成29年10月1日以後にお申し込みいただいたお客様から、月々の【フラット35】のお支払いに団体信用生命保険の加入に必要な費用が含まれるため、年払いでの団信特約料のお支払いが不要になりました。
  • 保証内容も充実し、ますます【フラット35】が利用しやすくなりました。
※健康上の理由その他の事情で団体信用生命に加入されない場合も【フラット35】をご利用いただけます。
【フラット35】の団体信用生命保険

【フラット35】の団体信用生命保険は、ご加入者が死亡・所定の身体障害状態になられた場合などに、住宅の持ち分、返済割合などにかかわらず、以後の【フラット35】の債務の返済が不要となる生命保険です。
【フラット35】の団体信用生命保険には、『新機構団信』と『新3大疾病付機構団信』の2つがあります。
保障内容の概要


〜「デュエット」(夫婦連生団信)とは〜
  • ご夫婦で連帯責務の場合は、どちらか1人がご加入いただくか、またはご夫婦2人で「デュエット」(夫婦連生団信)にご加入いただけます。「デュエット」をご利用いただくとどちらかが万一の時、住宅金融支援機構に支払われる保険金が債務に充当されるため、ご夫婦の住宅の持分、返済割合などにかかわらず、以後の【フラット35】の債務の返済が不要となります。「デュエット」をご利用できるご夫婦には、戸籍上の夫婦のほか、婚約関係にある方または内縁関係にある方を含みます。
  • 新3大疫病付機構団信では「デュエット」をご利用いただけません。





  • 【フラット35】を平成29年10月1日以後にお申し込みいただいたお客様から、月々の【フラット35】のお支払いに団体信用生命保険の加入に必要な費用が含まれるため、年払いでの団信特約料のお支払いが不要になりました。
  • 保証内容も充実し、ますます【フラット35】が利用しやすくなりました。


加入する団体信用生命保険に応じた【フラット35】借入金利
加入する団体信用生命保険に応じて、【フラット35】の借入金利は異なります。

加入する団体
信用生命保険
新機構団信 新機構団信(デュエット) 新3大疫病付機構団信
【フラット35】の借入金利 新機構団信付きの【フラット35】の借入金利そのまま 新機構団信付きの【フラット35】の借入金利+0.18% 新機構団信付きの【フラット35】の借入金利+0.24%





フラット35について相談してみる!

大創建設では、満足の先の感動を目指してお客様の住まい作りのお手伝いをさせていただきます。是非お気軽にご相談下さい。

お問い合せフォーム

大創建設 株式会社

〒181-0012
東京都三鷹市
上連雀7丁目32番32号

TEL:0422-41-5991 FAX:0422-43-5356